学生クレジットカードとは

○学生クレジットカードとは

クレジットカードは支払い方法の一つであり、俗に言うところの後払い、つけ払いが可能になるカードのことです。また、一回払いの機能だけを持っているものをチャージカード、分割払い機能を持っているものをクレジットカードと呼ぶこともあります。クレジットカードの歴史は古く、アメリカでは一世紀前から使われていました。現在においてはクレジットカードは社会人の必需品とも言える存在になっています。

クレジットカードは満18歳から取得することができます。そのため、学生でもクレジットカードを取得することが可能です。ただし、クレジットカードを取得できる学生は大学生、短大生、専門学校生であり、高校生はクレジットカードを取得することはできません。

学生を対象として発行されているクレジットカードのことを学生クレジットカードといいます。学生クレジットカードは三井住友デビューカードなどが代表的です。なお、学生は学生クレジットカードしか取得できないというわけではなく、ほとんどの一般クレジットカードは学生の入会も受け付けています。ただし、ゴールドカードについては学生の入会を受け付けていないところが多いようです。

○学生がクレジットカードを持てる理由

例外はありますが、学生には基本的に安定した収入というものがありません。しかし、大学、短大、専門学校に通うことができているということはすなわち親権者に子供を進学させるだけの年収があるということであり、こうした理由である程度身分が保証されているのでクレジットカードを作ることができるのです。

また、クレジットカード会社としても、競合他社に有望顧客を取られる前に囲い込みをしたいという思惑があるので、学生クレジットカードの作成はむしろ業界的にも歓迎されています。学生クレジットカードには一般クレジットカードと比べて優遇措置が設けられていることも多いため、クレジットカードがおすすめなのです。

○学生クレジットカードと一般クレジットカードの違い

学生クレジットカードは在学中は年会費無料、または減額で提供されることが多いです。また、ショッピングによって加算されるポイントの還元率が高かったり、クレジットカードに付帯する旅行保険の保証金額が高かったり、お得感が大きくなっています。ショッピングだけでなく、携帯電話などの支払を目的としてクレジットカードを作る学生もいます。携帯電話の利用料などでもクレジットカードのポイントは溜めることが可能です。卒業後、学生クレジットカードは一般クレジットカードに自動的に切り替えられることになります。

こうした優遇措置が設けられている学生クレジットカードですが、一般クレジットカードと比べて制限も課せられています。十分な金銭感覚が養われていない学生が無制限にクレジットカードを使用できるとなるとカード破産に陥る可能性があるため、学生クレジットカードで使える金額は毎月5万円から20万円程度に制限されていることが多いです。なお、学生クレジットカードの使い過ぎを防ぐするため、これよりも更に利用限度額を低く設定することもできます。

○学生クレジットカードの作り方

学生クレジットカードを作る場合、学生の身分を証明する学生証、本人の身元を証明する免許証や保険証やパスポート、印鑑や通帳などが必要になります。なお、未成年がクレジットカードを作成する場合、親権者の同意が必要になります。

学生にはアルバイトくらいの収入しかない場合がほとんどなので、基本的に収入状況を調査されることはありません。社会人になってからクレジットカードを作るよりも、学生の間にクレジットカードを作る方が審査は易しいので、そういった意味でも学生時代にクレジットカードを作っておくことはメリットが大きいと言えるでしょう。ただし、口座にまったく預金がないとなると審査に落ちてしまうこともあるようなので、口座にはいくらか預金をしておくことをおすすめします。